人気ブログランキング |

<   2016年 12月 ( 3 )   > この月の画像一覧

大掃除✨

数年前の年末のお話
『先生、大掃除の日に来てもいいですか?』
『ありがとう。でも、あと3年くらい先かな?お姉さんになったらお手伝いしてね』
『・・はい』


日常は、その日のレッスン後、自習を終えると 各々のクラスで出来る所をお掃除して帰って行きます。スクール創立以来、掃除当番……と云う係はありません。気が付いた子がすれば、そして、その姿を見て気付く事が出来る子達が増えてくれたら素敵なので。

勿論、常に綺麗を保つのは大変な事なので駄目な所がある時も沢山ありますが、どんな時もお玄関は綺麗です。皆の心のリレーが出来ています。
海外に居る子がお休み明けで戻る時に『後輩達に何かメッセージを……』と言ったら『ちゃんと掃除しろよ』でした。大切な事です。


そんな中、唯一『皆でお掃除します!』の日が今日でした。

大掃除デビューの子達は姿からしてヤル気満々です。先輩から教えられ 丁寧に丁寧に磨いていました。
終わった後は とっても気持ちの良い空気に包まれました。
有難う(*^.^*)
スタジオが喜んでいますよ。
年内の通常レッスンは終了になりましたので、キラキラのスタジオは年明けに皆が集まるのを首を長くして待っている事でしょう。

2016年も あと4日。
素敵に過ごしましょうね。

小柴葉朕
e0302764_08155402.jpg



by koshiba-ballet | 2016-12-27 23:30

クリスマス会☆2016

Merry Christmas✨
きーんと冷たい朝ですが…皆様の元へサンタさんは来ましたか?

昨日、スクールでも毎年恒例のクリスマス会がありました!たくさんの保護者の方々も参加してくださり、楽しい時間となりました♪

先生のお話しから始まり、スクール生全員が1人ずつ自己紹介と今年の反省と来年の抱負を元気にお話ししました😊今年もマイクは一切なし!きちんと言葉を発することは、身体で表現をするバレエにも必ず通ずること。そして自ら口にしたことは、自分への戒めでもあります!来年の夏には発表会も控えているので、来年へのみんなの意気込みが感じられ、ますます楽しみになりました🙌🏻✨

昨年から始まった特技披露!特技とは、趣味とは違うということで、今年はオーディションがありました!素晴らしいピアノを聴かせてくれたり、手話で歌を歌ったり、踊りながら剣玉を披露してくれたり…普段のバレエのレッスンでは見られない、新たな一面をたくさん見ることができ、とても嬉しかったです😊

小柴バレエスクールのモットー。勝負事は本気で!様々な工夫を凝らしたゲームを用意していただき、本気の勝負は大盛り上がりでした😆
身体全部で表現をするエスパーじゃんけんでは山内先生から与えられるポーズ残ったお題がそれはそれは面白くて…!!笑い崩れる人多数…(笑)
そして先生にまつわるクイズでは、小柴先生のお好きな動物は?という問いに「こざる!」と即答できるみんなはなかなかの先生マニアでしたね✌🏻
あとはどんなポーズでもいかに長く止まっていられるかを競う背筋競争!最終的に残った3人は本当に強かったです!!きっと日頃のお稽古の賜物でしょう!私は今朝から軽く筋肉痛なのは内緒です…やはり若さピチピチのみんなには敵いません😅背筋は大切ですからね〜来年は腹筋競争との予告…一年かけて鍛えましょう!!!

みんながお楽しみのプレゼント交換も盛り上がり、最後は両先生から1人ずつクリスマスプレゼントをいただきました✨今年はフクロウさんのぬいぐるみでした💗ふぅ〜(フ)と苦労(クロウ)を飛ばす縁起の良い鳥さんだそうです😊

e0302764_11411836.jpg



スクールでは、まだまだ年内のレッスン、大掃除、年明けすぐのコンクールの練習が続きます。
下級生が憧れるお背中を!みんながそれぞれの立場で、それぞれの背中にどんどんと繋がっていけば、きっと素敵な関係があちらこちらにたくさん築かれるはずです!

また来年もたくさんのバレエ大好きな仲間たちと集えることを楽しみにしています♪
良いお年をお迎えください😊

長谷川修子
by koshiba-ballet | 2016-12-25 11:39

くるみ割り人形✨


いつの頃からでしょうか……
牧阿佐美バレエ団のくるみを観ないと年が越せない・・と毎年 劇場に向かっていたのは……。

その頃は、輝く様に踊るダンサーの皆さんに憧れ、キャストが発表になると迷わず、大ファンの方の日のチケットを手に入れ、当日を楽しみにしていました。

やがて、山内先生の王子デビュー。スクールの発表会で毎回お世話になっている大畠先生とのグランパドドゥに、客席で感動していました。
その後は生徒達が、オーディションに合格し、クララ(2人)、フリッツ(5人)、甥、女の子、男の子、ケーキボンボン……。色々な角度から、くるみを観る事になりました。

年末の楽しみだったのに…1年のご褒美の時間だったのに…全く違う感覚で劇場に向かう事になりました。真冬だと云うのに、信じられない程の手汗をかき、隣の人に心臓の音が聞こえているのでは…と思うほど緊張し、、本当に色々ありました。全ての舞台を覚えています。(全部ではありません。生徒の所だけです(^^))

そして、今年の『くるみ』も忘れられない舞台になりました。

小学生の頃からスクールに通い、何よりもバレエを最優先にしていた修子が牧阿佐美バレエ団に入団させて頂いてから10年。その大半を茨城から通い、朝のクラス、舞台のリハーサルを終えると茨城に戻り、夜遅くまで後輩達と共に汗を流し、自身を追い込むようにコンクールへの挑戦もし続けていました。決して器用なタイプでは無いので時間をかけて、時間をかけて……遅咲きの子でした。

身体のクセを分かっているだけに、公演を観に行っても、目につく事ばかりでしたが、徐々に楽しんで観られる様になっていきました。

今回の舞台では、最後のダメ出し!
でも、素直に聞く所が修子の長所だと思っています。
今は、月に数回しか会うことは出来ませんが、皆、修子先生のレッスンを楽しみにしている様です。なので、今回はスクールからも大勢が応援に行きました。皆の心に残ってくれていたら嬉しいです。


彼女のバレエ道は、ここからの方が長いのです。経験してきた事、それにより積み上げてきた事を大切にして欲しいと思っています。でも、ここから先の方が、もっと沢山の事を学べるのです。それに気が付き、見えなかったものが見えるようになった時に、更にバレエが楽しくなると思いますよ。ワクワクしますね!



お疲れ様でした。
素敵な舞台を有難う!


小柴葉朕
by koshiba-ballet | 2016-12-18 23:55